「自賠責保険」における事故対応の流れ

あなたが交通事故を起こしてしまった場合、どうすればいいのか?

交通事故の初期対応は多くの行動が必要とされますので、状況に応じて冷静に対応する必要があります。冷静に対処できるよう、万が一のために対応手順について確認・準備をしておくことが重要です。

【 万が一、交通事故を起こしてしまった場合 】

交通事故を起こしてしまった場合、大きく分けて4つの行うことがあります。

[01]運転を止める
道路交通法に定められているように、交通事故を起こした運転者は直ちに運転を止めなければいけません。
義務を果たさずにその場を立ち去ると、ひき逃げ事故となり、より重い罪を犯してしまうことになってしまいます。事故を起こすと動揺してしまいますが、必ず運転を止め、救護措置などを行いましょう。

[02]負傷者の救護
起こした交通事故により負傷者がいれば、二次被害を防ぐためにバイクとケガ人を安全な場所に移動したら、すぐに119番に電話をして救急車を呼びましょう。
また、軽傷だから救急車は必要ないと判断しその場を立ち去った場合、ひき逃げと同じ処罰の対象となりますので注意してください。

[03]警察への通報
交通事故が発生したことを警察に通報することは、運転者に義務付けられています。
また、警察署への届け出がないと「交通事故証明書」が発行されず、保険金が支払われない場合がありますのででご注意ください。

・交通事故証明書とは
交通事故証明書とは、自動車安全運転センターが発行する交通事故が起きたことを証明する書類です。
交通事故が起こってしまい、警察に通報すると実況見分が行われ、実況見分調書が作成されます。この実況見分調書を元に、交通事故証明書が作成されます。

[04]保険会社への通知
ファミリーマートで入るバイク自賠責を契約し、任意保険を契約されていないお客様が事故を起こしてしまった場合については、下記「東京海上日動安心110番」にてご請求を行っていただけます。

<万が一、事故が起こった場合のご連絡・ご相談>

●東京海上日動安心110番(事故受付センター)
0120-119-110
[受付時間] 24時間365日

【 注意事項 】
自賠責保険では、相手方に対する人身上の損害賠償責任しか補償がされないため、以下のような場合には自賠責保険では補償がされません。

[自賠責保険では補償されない場合]

  • 損害賠償額が死亡:3000万円、後遺障害:4000万円、ケガ:120万円を超える場合
  • 運転者本人のケガや死亡
  • 自分のバイクの損害
  • 物損事故(例:相手のバイク、ガードレール、民家などの損害)

ファミリーマートで入るバイク自賠責

車台番号とナンバープレートが
分かる資料をご用意ください

3簡単3分申し込み