事故後の対応について

●事故により借りたお車が大破して動かなくなった
借りたお車が事故により走行不能となった場合、車両搬送費用補償・車両搬送サービスにより修理工場等までレッカー搬送を行います。
なお、レッカー搬送に必要な費用(車両搬送費用)は、1回の事故等について緊急時応急対応費用補償・緊急時応急対応サービスと合計で15万円*1が限度です。
  1. *1搬送先の修理工場等について、東京海上日動が事前に承認した場合は、無制限とします。
●事故により借りたお車を修理した、または修理せずに代替車を購入した
借りたお車を運転中の事故により借りたお車に損害が生じた場合、レギュラープラン、プレミアムプランをご契約されている場合に限り1回の事故につき300万円を限度に保険金をお支払いたします。ただし、15万円の免責金額(自己負担額)が発生します。
なお、借りたお車の代替車を購入した場合は、(1)修理する場合にかかる費用(2)代替車の購入費用(3)借りたお車の時価額のいずれか低い金額を限度に補償します。
  1. レギュラープランはお車同士の衝突事故等に限ります。
  2. 盗難については対象となりませんのでご注意ください。
●追突事故に遭遇したら
信号待ちで停車中に追突されてしまった(もらい事故にあった)場合、保険会社が示談交渉することはできません。
ただし、弁護士費用特約が付帯されるプレミアムプランをご契約されている場合には、損害賠償請求をするための弁護士費用や法律相談費用を補償します。
1事故につき補償を受けられる方1名あたり300万円が限度です。
なお、弁護士等への委任や法律相談および弁護士等への費用の支払いに際して、事前に東京海上日動へのご連絡が必要です。
  1. 2022年1月1日始期以降
  2. 信号待ちで停車中に追突されてしまった(もらい事故にあった)場合、保険会社が示談交渉することはできません。
    ただし、弁護士費用特約が付帯されるプレミアムプランをご契約されている場合には、損害賠償請求をするための弁護士費用や法律相談費用を補償します。
    1事故につき補償を受けられる方1名あたり300万円が限度です。また、借りたお車を運転中に対人事故を発生させた際の刑事事件に関わる弁護士費用および法律相談費用に対して、1事故について補償を受けられる方1名あたり150万円を限度に保険金をお支払いします。
    なお、弁護士等への委任や法律相談および弁護士等への費用の支払いに際して、事前に東京海上日動へのご連絡が必要です。

関連するコラム

その他の事故対応サービス

1日自動車保険について

トップへ