ファミマのちょいのり保険(1日自動車保険)に加入して事故を起こした!補償や対応はどうなるの?

この記事でわかること

  • ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は安価かつ手軽に加入できるが、ドライバー保険に一般的に用意されている補償、サービスは受けられる
  • 事故に遭った際は、「ロードアシスト」と「事故現場アシスト」を活用できる

安価にかつ手軽に加入できるファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」ですが、万が一事故に遭った際、しっかりと対応してくれるのでしょうか。「通年で契約するドライバー保険とは違う対応をされたら」「安い分、サービスも手薄なのでは」と勘違いされている方に、あらためてファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」に加入して事故に遭った際の補償内容やアシスト等についてご説明します。

事故に遭った際、ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」はどこまで補償してくれるの?

事前に契約内容はよく読み込んだとはいえ、突然の事故でどんなサポートや補償をしてくれるのかすぐには思い浮かばないこともあるかもしれません。ここでは端的に、ファミマのちょいのり保険(1日自動車保険)に加入しておけば、何ができるのか、何をしてもらえるのかをご紹介します。この内容を覚えておき、万が一の事故の際に漏れなくサービスを享受できるようにしておきましょう。

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の3つのプランと補償内容

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は気軽に加入できる分、一般的なドライバー保険と比較して補償内容が手厚くないのではないかと、不安を持っています。実際に事故を起こしてしまった時はどんな補償をしてくれるのでしょうか?

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、一般的なドライバー保険と同様に事故を起こしてしまった時に(1)相手方の補償(2)ご自身と同乗者のケガに対する保険金が受け取れる、といった補償を受けられます。3つのプランを用意しておりプランによって、車両補償付き、弁護士費用特約の有無が異なります。

親や友人の自動車を借りる場合、その車にかけられている自動車保険が所有者以外が運転するケースを補償対象としていないことがあります。また、補償対象となるケースであっても、事故で保険金を請求すると自動車保険の等級が下がってしまうため、所有者に迷惑をかけてしまうこともあります。

そんなときに便利な保険が、1日(24時間)単位で加入できる自動車保険です。安価なため一般的なドライバー保険とは補償範囲が異なるのでは?と不安に思う方も少なくないようですが、基本的には事故に遭った際に必要な補償は用意されています。

24時間単位800円からファミリーマートで手軽に加入できるファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、1日(24時間)~短期で簡単に加入できる為、家族や友人の車を借りる時や旅行で運転を代わる場合、免許はあっても自分の車が無い方や、普段あまり運転をしない方にも大変便利な保険ですが、補償内容はどうなっているのでしょうか。それでは早速、ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」にある3つのプランのそれぞれの保険料と補償内容をご説明します。

プラン名 保険料※1 賠償に関する補償※2 ご自身・同乗者の補償※3 車両補償※4 弁護士費用特約 ロード
アシスト
シンプル
プラン
800円 × ×
レギュラー
プラン
1,800円
免責金額
(自己負担額)
15万円
(対象事故限定条件付)
×
プレミアム
プラン
2,600円
免責金額
(自己負担額)
15万円
  • ※124時間あたりの保険料です。
  • ※2対人・対物賠償責任保険 保険金額無制限
  • ※3搭乗者傷害特約(一時金) 入通院給付金基準額10万円 保険金額1,000万円
  • ※4借用自動車の復旧費用補償特約 支払限度額300万円

ファミマのちょいのり保険(1日自動車保険)3つのプラン別補償

(1)シンプルプラン

24時間あたり800円の保険料で加入できるプランです。車両補償は付いていませんが、対人・対物賠償責任保険と対物超過修理費特約に加えて、搭乗者傷害特約(一時金払)と自損事故傷害特約が付きます。事故の際の相手方への補償や、ご自身のケガに対する保険金を受け取る事ができます。

(2)レギュラープラン

24時間あたり1,800円で加入できる、車両補償付きレギュラープラン。①の補償内容に加え、車両補償(借用自動車の復旧費用補償特約(対象事故限定条件付))が付いている為、車両修理が必要となった時に、免責金額(自己負担額)が15万円で、300万円を限度に保険金を受け取る事ができます。

(3)プレミアムプラン

24時間あたり2,600円で加入できる、車両補償付きプレミアムプラン。補償内容は②と同様ですが、車両補償の免責金額が15万円で、更に「弁護士費用特約」がセットされている充実の内容です。事故で相手方へ損害賠償請求をする際の弁護士費用や、法律相談の費用が必要となった場合に、1事故で1名あたり300万円を限度に保険金を受け取る事ができます。

いずれのプランにせよ「相手方(対人、対物)」「ご自身、同乗者」の補償があり、すべてロードアシストや事故現場アシスト等を享受できます。金額が安く、手軽に加入できるからといって必要なサービスが盛り込まれていない、等ありませんのでご安心ください。

ちょいのり保険(1日自動車保険)に申込む|ファミリーマート

「ロードアシスト」と「事故現場アシスト」っていったい何?

事故や故障でもし車が動かなくなってしまったら、どんな対応をしたら良いかわからず不安…。何かサポートしてくれるサービスはあるの?

全てのプランに、車両搬送や現場対応を行う「ロードアシスト」と、事故現場で適切なアドバイスをしてくれる「事故現場アシスト」、2つの充実した補償・サービス付きで、もしもの時も安心です。

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」には、事故を起こしてしまった時に頼りになる、「ロードアシスト」と「事故現場アシスト」が、なんと全てのプランにセットされています。

「ロードアシスト」とは、事故発生時や故障時の車両搬送や、各種トラブル対応等の補償・サービスのこと。24時間・365日対応で、もしもの時でも安心です。更に「事故現場アシスト」付きで、事故発生直後の電話アドバイスや、相手方や修理工場への連絡等、事故発生後に必要となる多くの対応をしてくれる為、慣れない急な対応でもスムーズに進みます。


ロードアシスト(車両搬送・緊急時応急対応費用補償特約およびサービス)

<車両搬送費用補償・車両搬送サービス>

事故や突然の故障により走行が不可能になってしまった時は、レッカー移動が必要になります。こちらの補償・サービスは、走行不能になったお車をレッカーで修理工場まで搬送する費用の支払いに加え、車両搬送を実施してくれる頼りになる補償・サービスです。

  • 費用には限度額があります。
  • 事前に東京海上日動が承認した搬送先の修理工場については無制限です。
<緊急時応急対応費用補償・緊急時応急対応サービス>

レッカー移動が必要な程ではなくても、事故や故障、バッテリー上がり等のトラブルにより走行不能となった場合、現場で事前に指定した業者が応急対応をしてくれる補償・サービスです。

  • 費用は1回のトラブルにつき<車両搬送費用補償・車両搬送サービス>と合計で15万円が限度となっています。
  • 部品代や消耗品代は除きます。
<その他の付帯サービス>

この他、燃料切れ時にガソリンを配達してくれるサービスや、お車の故障を相談できる、もしもの時でも安心の付帯サービスも付いています。

  • 各サービスには一定のご利用条件があり、内容は変更や中止となる場合もあります。

事故現場アシスト(サービス)

<事故の際のアドバイス>

事故現場から専門スタッフへ電話をすると、状況に応じてアドバイスをしてくれるサービスです。事故発生直後は急に起こってしまった出来事への不安や焦りから、どのように対応すれば良いのか判断できなくなる可能性も。そのような場合でも、適切な対処方法をアドバイスしてくれるので、落ち着いて対応できます。

<初期対応>

事故に遭ってしまった時、修理工場、病院や被害者への連絡等の初期対応をしてくれるサービスです。24時間365日、専門スタッフが丁寧に対応してくれる為、沢山の初期対応を安心して任せられます。

<24時間以内の状況報告>

初期対応を行った場合、24時間以内に状況報告を受けられます。事故現場アシストにより、事故を起こした方が最も不安であるといわれる「事故発生から24時間」を、しっかりとサポートしてくれます。

  • サービスの内容は変更・中止となる場合があります。

いざ万が一の事故に遭われた際、落ち着いて事故に対応するのはなかなかむずかしいもの。そこでまずは警察への事故報告し、その後は事故現場アシストへ連絡し、状況を説明しながら、これから何が必要か、どうすれば良いのか指示を仰いでいただければと思います。

ちょいのり保険(1日自動車保険)に申込む|ファミリーマート

当て逃げや単独事故(自損事故)の場合の補償内容は?

当て逃げや、自分で車をぶつけてしまった時は補償されるの?

運転中に起こった当て逃げや、自損事故であれば補償の対象になります。レギュラープランとプレミアムプランなら、自己負担額を一部支払うことで、修理代も受け取ることができます。

いくら安全運転に気を付けていても、事故は誰にでも起こってしまうもの。ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、運転中に起こった事故であれば補償の対象になる為、当て逃げや借りたお車を運転中に自損事故を起こしてしまった場合も安心です。


当て逃げの補償

「駐停車中に発生した当て逃げ」は補償の対象外です。 ですが、「運転中に発生した当て逃げ」に関しては補償対象となる為、乗車中の方がケガや亡くなられた場合、又は後遺障害が生じてしまった場合には、「搭乗者傷害特約(一時金払)」により、一定額の保険金を受け取る事ができます。また、レギュラープランとプレミアムプランであれば、修理代をカバーする保険金も受け取る事が可能です。(300万円が限度)

  • 車両補償ありプランは、レギュラープラン・プレミアムプラン共に15万円の免責金額(自己負担額)が発生します。

単独事故(自損事故)の補償

単独で事故を起こしてしまった場合の自損事故においては、補償の対象です。
当て逃げの補償と同様に、乗車中の方がケガや亡くなられた場合、又は後遺障害が生じた時は「自損事故傷害特約」「搭乗者傷害特約(一時金払)」による補償を受ける事ができます。プレミアムプラン​であれば、修理代等に対する補償も受けられ安心です。

ちょいのり保険(1日自動車保険)に申込む|ファミリーマート

「ちょいのり保険(1日自動車保険)」にはどうすれば加入できるの?

万が一の事故に備えてドライバー保険にはあらかじめ加入しておきましょう。そこでここでは、800円から1日(24時間)単位で加入できるファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の手続き方法についてご紹介します。

事前登録後はFamiポートで申込券を発券するか、レジでスマホを提示するのみ

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は最寄りのファミリーマートで簡単に加入できると聞いたけど、どんな手順で申し込めるのでしょうか?

スマホから事前登録を済ませておけば、お近くのファミリーマートから手軽に加入できます。Famiポートから申込券を発券するか、スマホからバーコードを表示してスタッフに提示するだけで、レジで簡単に保険料をお支払いただけます。

保険の加入ってなんだか難しそう…と思うあなたも安心です。ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」の加入方法はとっても簡単。加入までの流れはパソコンまたはスマートフォンからWebの事前登録を行い、店頭レジでバーコードを見せて保険料を支払うだけ。それでは具体的な流れをみていきましょう。


<ファミマでの契約までの3ステップ>

  1. PCやスマートフォンから下記のサイトで事前予約
    • 事前予約には運転する予定の車の情報、運転免許証番号、運転免許証有効期限、運転者の指名や生年月日、ご住所、メールアドレス等が必要になります。
  2. 事前申込み完了メールから、チケット情報を取得
    事前申込み完了メールに記載されているURLをクリックしてください。クリックすると、「バーコード」、「申込券印刷コード」、「QRコード」が表示されます。
  3. Famiポートで申込券を出力し、ストアスタッフに提示。

<Famiポートで申込券を発券する場合>

Famiポートで申込券を発券する場合、Famiポートに「申込券印刷コード」を入力するか、「QRコード」を読み込ませてください。
レジに申込券をご持参の上、保険料をお支払ください。

<スマートフォンでバーコードを表示する場合>

スマートフォン上にバーコードを表示し、レジにご提示ください。

ちょいのり保険(1日自動車保険)に申込む|ファミリーマート

安心の補償内容とサービス!ファミマのちょいのり保険(1日自動車保険)に加入して快適ドライブを

ファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」のプラン別補償内容やサービスをご紹介してきました。いつ起きるかわからない運転中の事故やトラブルは、特に借りた車であった場合は不安や焦りを強く感じてしまうもの。24時間単位で加入でき、お近くのファミリーマートから簡単に加入できるファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」は、そんな緊急時に備えておきたいおすすめの保険です。

また、加入して無事故だった場合、自動車保険を新たに契約する際に保険料が割引(一定の条件を満たす場合)されるので、ご自身が車を買われる際にも割引制度を受けられます。充実の補償内容とサービス、安心のファミマの「ちょいのり保険(1日自動車保険)」に加入して、快適なドライブをお楽しみください!

ちょいのり保険(1日自動車保険)に申込む|ファミリーマート
  • 本記載の内容は2021年4月1日以降のものです。
  • このホームページは、各保険の概要についてご紹介したものです。ご加入にあたっては、必ず「重要事項説明書」をよくご確認ください。ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

2021年10月作成 21-T02916

1日自動車保険について

トップへ